賢い節約術 老後を賢く生きるための節約術

食費を月2~3万円に抑える賢い節約術

買い物リストを重視して小さな心がけも忘れない

森田法子さんの食費節約の秘訣は買い物の仕方にあります。
気をつけているのは、買い物リストは時間をかけてつくること、
リストにないものは買わないこと、空腹やのどの渇きは満たしておくこと、
電卓で計算しながら買い物すること。すべて無駄買いを防ぐのに効果的だそうです。
小さな心がけの積み重ねが、節約につながるんです

1週間の予算を3段階できっちり決める

網野清香さんの食費節約テクは、3段階の予算管理です。
まず週1回の買い出し予算3,500円の中で、
野菜・肉と魚・調味料など大体の区分け予算を決め、
1週間ごとに2つのお店で交互に買い出し。平日足りなくなったものなどには、
買い足し用の予算1,500円で対応します。
この方法で食費を週5,000円に収められるそうです

定番品を決めて1週間で使い切れる量をまとめ買い

野口ゆかさんも、週1回6,000円程度のまとめ買いが基本スタイル。
野菜・肉は1週間で食べきれる量を購入。そのほか、卵、納豆、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、
こんにゃくと油揚げなどの節約食品も必ず買うそう。
おいしく使い切れる量を意識すること、定番品を決めておくことが、
食費節約のポイントですね。

先行き不安な老後を賢く生きるための節約術

シルバー夫婦の生活費

総務省統計局の「家計調査年報(家計収支編)平成27年(2015年)」では、
シルバー夫婦の無職世帯について、
年金などの収入や支出について月額の平均額が公表されています。
その結果を見ると、実収入は21万3,379円のうち可処分所得は18万1,537円、
消費支出は24万3,864円となっています。実に毎月6万2,327円が不足しており、
この差額分は預貯金などを切り崩して調達していることが推測されます。

今後、年金支給額が減額されることになればこのような不足分はさらに増えるため、
さらなる対策が必要になるでしょう。もっとも、生活費の支出の項目において、
その他の支出が24.3%と比較的高い割合を示しています。消費支出は24万3,864円ですから、
この24.3%は約5万9,000円になります。交際費は12.5%で約3万円になります。

これらの部分を減らすことができれば、
不足分を抑えることが可能になるでしょう。交際費は付き合いなどがあるため、
多くなる傾向にあります。しかし、金銭的に困窮してしまっては本末転倒です。
自分の金銭的事情において、可能な範囲で交際費を支出することが重要になります

スポンサードリンク

未分類

Posted by edge1